お葬式の香典返しには後返し業者が便利

お葬式の香典返しには後返し業者が便利 大切な家族を失った場合、悲しむ間もほとんどないままに通夜、お葬式、告別式等を執り行う必要があるため、遺族にとってのしかかる体力的、精神的負担は少なくありません。全てを終えて疲労感と安堵感に包まれている間も、実はまだしなければならない後返しの手配が残っています。後返しとは、香典返しとも呼ばれ、弔問客から受け取った香典に合わせて感謝の気持ちをギフトにして挨拶状と共に送ることを言います。後返しをする際には、誰から受け取ったのか、香典額はいくらだったのかを、香典袋に書かれた情報や芳名帳等と照らし合わせます。その後、名前や住所、電話番号、金額等を確認してお金の出処についてきちんと確認を行います。

香典返しは日本において宗教的な意味合いもあり、お葬式が終わってからある一定期間内に行う必要があるため、ほっと息をつく間もなく手配に取り掛からなければいけません。香典は現金で受け取りますが、後返しは品物で送ることになるため、誰に何を送るかを関係性や香典の額をふまえて考慮する必要があります。お葬式等が終わって疲弊している遺族にとって、配送までの手続きを全て自分達で行うことは大変な手間となるため、後返し業者を利用するケースも多いです。

後返しを行うタイミングは、忌明けの法要が済んでから1ヶ月以内と言われています。宗教によって違いますが、日本で多いとされる仏式では人が亡くなってから49日目が忌明けとなり、神式では50日目となります。キリスト教では、香典返しという習慣はありませんが、これに代わるお花料を供えることがあるため、お花料に対する後返しが必要となります。カトリックにおいては人が亡くなってから30日目の追悼ミサが忌明けに当たるとされています。

後返しを後返し業者に依頼すると、それぞれの宗教、習わしに基づいて後返しの品を選んでいくことになります。リーズナブルな物から高額な物まで揃っているため、香典やお花料の金額や関係性から適切な品を提案してもらえて非常に効率的です。後返し業者であればその道のプロフェッショナルであるため、経験や知識が豊富であり、お葬式後にどうしたらよいか悩んでいる遺族にとって心強い味方となります。遺族はお葬式が終わった後も、初七日や四十九日といった供養の事も考えていく必要があり、そんな中で後返しについてまで自身で行うことは多大な労力を要します。後返し業者のような専門の業者に依頼することで負担を軽減することが可能です。

最新ニュース