お葬式で後返し業者に依頼する時期

お葬式が終わってすぐに対応する必要がある後返しですが、後返しに関する知識があれば余裕を持って対応することができます。中でも、適切な時期を知っておくことは大切です。お葬式の宗派によって時期が大きく異なるため、後返し業者に相談する前に宗派による違いをきちんと把握しておきましょう。その上で、決めておいた後返し業者の納期を確認し、希望日に弔問客に届けることができるように注文を行います。

後返しが必要な方とは、親戚、親しくしていた人や友人等の会葬者と、お葬式への参列はなかったものの香典をいただいた方が対象となります。この他にも、相場よりも多く香典をいただいた方等が考えられます。お葬式が一段落してから、供仏帳や香典帳を確認して、後返しが必要となる候補と後返し金額をリストにまとめましょう。それを基に後返し業者に相談、依頼をすれば、後返しの品を希望する時期に合わせて発送してくれます。

挨拶状についても便利なテンプレートがあり、きちんと手配してもらえるため安心です。お返しの品としては、実用性がある物、貰って喜ばれる物を基準に選びましょう。選ぶのが難しいという方は、後返し業者に適切な品について聞いておくと安心です。